自由帳

アウトプットの練習

2018月6月に購入した本

概要

今月は「モチベーション」や「創造性」を軸に購入した。 他の出費が多かったので、過去数ヶ月で一番購入冊数は少ない。

購入した本リスト

  • 笑いと治癒力 ノーマン・カズンズ

  • FUTURE INTELLIGENCE ~これからの時代に求められる「クリエイティブ思考」が身につく10の習慣~ スコット・バリー・カウフマ

 「FUTURE INTELLIGENCE」は、会社の部長とクリエイティブになるには何が必要かと議論しているときに勧められて購入した。

 新しいものを生み出すために、インスピレーションを得るにはどうしたらよいか。「遊び」「情熱」「夢想」「孤独」「直感」「好奇心」「瞑想」「繊細」「逆境」「異端」という観点で説明している。特に、「遊び」「夢想」「好奇心」で書かれている"妄想力"は、ソニーコンピュータサイエンス研究所の北野さんや暦本先生が言っていたものとぴったり合っている。夢に出てくるくらいまで深く考えながら、遊び心も維持するのは簡単ではない。彼らは研究者だけど、この領域まで来ると芸術家との協会が曖昧になってくることがわかる。論理だけでなく、好奇心と感性を尖らせて物事に取り組まないといけない。

 Kindleで買ったが、度々読み直したいので本で改めて買うかも。

  • 実践 ポジティブ心理学 幸せのサイエンス (PHP新書) 前野 隆司

  • ポジティブ心理学の挑戦 “幸福"から“持続的幸福"へ マーティン・セリグマン

  • 自己プロデュース力 島田紳助  「自己プロデュース力」は自分の最大の課題だと意識しているので購入。絶版になっているようで中古しかなかった。

笑いと治癒力 (岩波現代文庫―社会)

笑いと治癒力 (岩波現代文庫―社会)

FUTURE INTELLIGENCE ~これからの時代に求められる「クリエイティブ思考」が身につく10の習慣~

FUTURE INTELLIGENCE ~これからの時代に求められる「クリエイティブ思考」が身につく10の習慣~

  • 作者: スコット・バリー・カウフマン,キャロリン・グレゴワール,野中香方子
  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2018/04/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
実践 ポジティブ心理学 幸せのサイエンス (PHP新書)

実践 ポジティブ心理学 幸せのサイエンス (PHP新書)

自己プロデュース力 (ヨシモトブックス)

自己プロデュース力 (ヨシモトブックス)

2018月6月に読んだ本

概要

どうしたら新しい事業を生めるか、ワクワクして働くことができるかをテーマに読んだ。 冊数は普通くらい。

読んだ本

  • ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則 ジム・コリンズ  Kindleで数ヶ月かけて読んだ。1990年代の古臭い部分はあるものの、企業とはどうあるべきかを考えるきっかけになった。”市場の変化に対して、ビジョン以外の部分はすべて変えることができる”というのは、忘れてはいけない。

  • 天才たちの日課 クリエイティブな人々の必ずしもクリエイティブでない日々 メイソン・カリー

  • ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代 ダニエル・ピンク  これからの時代はMBAではなく美術(Art)的視点をもつのが重要という話。6つの感性軸「デザイン」「物語」「全体の調和」「共感」「遊び心」「生きがい」の観点で説明している。具体例が秀逸なので、こうやればいいんだなと納得しやすい。参考書籍は多いが、日本語版が手に入らない本が多い。

  • 「0から1」の発想術 大前研一  大前研一さんの本は定期的に読みたくなる。どんなテーマで執筆していても軸がしっかりしており、非常に論理的。抽象論でなく具体的なエピソードの語りもうまいので、心にすっと入ってくる。本著では、"自分ならどうするかを常に考えるようにする"、"平社員なら部長、部長なら社長のように2ランク上の人の立場になって自分ならどうするか日頃から考えておく。そうでないといざというときに何もできない"という主張が心に響いた。

  • 『takram design engineering|デザイン・イノベーションの振り子』 (現代建築家コンセプト・シリーズ18)

  • ビジネスモデルの教科書: 経営戦略を見る目と考える力を養う 今枝昌宏  情報がもりもりで基礎を抑えるには良い。メリット・デメリットまで説明されているが、深い考察がされているかというと怪しい。事例集に近い感じ。

  • 挫折を愛する 松岡修造  自分を信じることがなかなかできていないので、改善のきっかけをみつけるために読んだ。イメージトレーニング的なものは参考になる。錦織圭選手の幼少のときに性格的な弱さを改善するために、メンタルトレーニングを課していたという話は面白い。

  • 快楽の脳科学~「いい気持ち」はどこから生まれるか (NHKブックス) 廣中 直行

  • 脳科学は人格を変えられるか? (文春文庫) エレーヌ フォックス

  • SONY DESIGN MAKING MODERN ディヤン・スジック  私は生まれていない時代のデザインを振り返った。今でも当時にしてはかっこいいなというデザインが沢山ある。一方で、iPhone以後でデバイスのかっこよさやフラットデザインの美しさは価値観レベルで変わってきたなとも感じる。ブランドとしての軸をもつことも大事だが、時代に合わせて少しずつデザインが変わっていく必要性も感じられる。

ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則

ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則

天才たちの日課  クリエイティブな人々の必ずしもクリエイティブでない日々

天才たちの日課 クリエイティブな人々の必ずしもクリエイティブでない日々

ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代

ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代

「0から1」の発想術

「0から1」の発想術

『takram design engineering|デザイン・イノベーションの振り子』 (現代建築家コンセプト・シリーズ18)

『takram design engineering|デザイン・イノベーションの振り子』 (現代建築家コンセプト・シリーズ18)

快楽の脳科学~「いい気持ち」はどこから生まれるか (NHKブックス)

快楽の脳科学~「いい気持ち」はどこから生まれるか (NHKブックス)

脳科学は人格を変えられるか? (文春文庫)

脳科学は人格を変えられるか? (文春文庫)

SONY DESIGN MAKING MODERN

SONY DESIGN MAKING MODERN

MacBookPro 2017を購入して初めにやったこと

購入動機

2012年ごろに買ったMacBookAirの放熱がひどかった。 家でのメイン開発機だけどいつ壊れるか不安だった。 思い出すとバッテリーの使い方が悪かったなと思ったりもするが、6年もメイン機でつかっているとそんなものなのかもしれない。 ちなみに学生時代のギリシャの学会やチェコの留学、UKへの旅行も供にした。

こちらが購入したMacBookPro。 HDD512GB、メモリ16GB、CPUはi7、USキーボード、タッチバーなしのタイプ。

f:id:inai17ibar:20180623230231j:plain

設定したこと

基本設定

  • アカウント作成、Appleアカウント連携
  • キーボードの入力速度の変更 設定画面のキーボードから変更可能
  • キーボードに自分用のシールを貼り付ける ホームポジションを意識して、脱矢印キーするためにシールを貼っている
  • Google日本語入力を入れて、キーボードの入力ソースを変更

f:id:inai17ibar:20180623230330j:plain

一般アプリ

最近のメモのお供。

  • Dropbox 容量が沢山あるので復活させた。 eBookもこちらに移すことに。

開発者向けアプリ

AtomSublimeから浮気した。本家VisualStudioのショートカットも使いやすいので便利。

  • Slack
  • Trello
  • Sketch
  • Pixelmator
  • iTerm2

デザインの変更などは別途必要。zshなどの設定ファイルも。

アプリを増やしすぎても使わない傾向があるのでまずは最低限におさえる 以下は、前に入れていたが保留中のもの。キーボード系はいずれ入れないといけなそう。

  • Shift
  • Keyhac
  • Duet
  • Karabiner
  • Alfred
  • SoundFlower
  • Raidocast
  • PyCharm
  • Processing
  • Mocha
  • Evernote
  • Sourcetree

メモ

1.EvernoteはWebクリッパー専用で使っている。ブラウザで完結するサービスが増えてきた。 2.USB Type Cのコネクタをいまだ買っていない。いずれ買うと思うがシンプルな状態でどこまでやれるか試してみようと思う。

Visual Studio 2010/2013のフォントとエディターカラーの変更

 

Visual Studioのフォントとエディターカラーを変更してみた。

見やすくてきれいな方がコード書くときのテンションも上がるので.

 

こちらのリンクを参考にする.

Visual Studio 2013 で、テーマやフォントを設定する | モノリオ

 

 

エディター変更のおおまかな流れは,ツールバーの「ツール」→「設定のインポートとエクスポート」→「選択された環境設定をインポート」といった感じ.

フォントを変更するには,「ツール」→「オプション」→「環境」→「フォントおよび色」を選ぶ.

 

使ったエディターテンプレート

使ったフォント

 

エディターのデザインは人によって好みが分かれそう.フォントはこれ一択かなと思った.

他のフォントもこちらからダウンロードできるみたい.

Studio Styles - Visual Studio color schemes

 

追記,エディターのデザインはその後いろいろ変えたけど,フォントはConsolasを使い続けてます.今度は拡張機能についてまとめたい.