日々の作業の雑記

うつ病と診断され、1年位休職していた研究開発エンジニアの自分用メモです

作業記録 ならし出社(12)

体調不良のため夜にGoの開発を進められなかった。

 2/10~2/12の作業内容

  • 人事面談
  • ES課面談
  • 仕事のひととのミーティング
  • Androidのドキュメントを読みつつ、実験用アプリを書く

Go言語開発

 usernameとpasswordでSignupする実装をしていたが、課題の仕様に合わせて、 usernameのみで user/createする仕様に変更する。発行されたトークンの情報をデータベースに送るべきなのかわからない。

 JWTの署名の仕組みがいまだによくわかっていないので勉強が必要。週末にはuser/get, user/updateを終わらせたい。認証の部分が一番むずかしい気がする。

 できれば来週には、仕様通りの実装を終わらせて、改良に時間をかけたい。

 

goのjwtライブラリの仕様

jwt · pkg.go.dev

作業記録 ならし出社(11)

土日月のgoの開発の進捗

  • Docker-composeでMySQLの環境構築。Upの初期化の際に、SQLファイルにバグがあってエラーを起こして死ぬのでハマった。Sequel Proに先につなげて、そこでSQL文が正しいことを確認しながらすすめるのに落ち着いた。VScodeSQLは書きにくい。変なところで赤線がひかれる。
  • goからDBサーバーへの通信確認。ポートまわりやログインユーザの指定の仕方でハマった。
  • goの"database/sql"パッケージなどを使って、databaseからSELECT文でデータをとってきてParseする部分も実装
  • HTTP POSTでのSIGNUP機能の実装。Passwordの暗号化、databaseへの登録まで実装
  • メンターとの面談。トークンを使った認証について、トークンの中にuseridがあるのがPasswordとちがうよいところ。公開鍵の話を思い出さないとイマイチ理解しきれなかった。セッションIDはなくてもよい。複数トークンを管理できるようにするのがよい(そのときのIDを入った順につけるとかならあり)。他サービスを使った認証を組み込むのが主流。自サービスはユーザテーブルをもち、発行されたトークンIDを管理すればよい。Twitter認証やFirebaseを使うと実装面でも楽だし、Passwordの再発行という面倒な実装もさけられるのがよい。
  • 設計に関して、Fat Controllerやクリーンアーキテクチャという設計の考え方。データベースとのやり取りなど、別クラスに分離できるとよい。サーバーサイドでMVCというとき、Cはhttpの部分のみ、Vはjsonまで。ビジネスロジックとか多くがMになり、Mが肥大化するのが正しい。フロントエンドはまた別、Reduxとか別のアーキテクチャがある。SAPはアプリ全体の設計指針。
  • 直近ハマっていた、ユーザ情報登録時のINSERT文で出るエラーについて、SQLのPlaceholderの話。$はPosgre、MySQLは?を使う。MySQL側のPasswordの型は今日実装していて足りないと気づいてなおした。

所感

 Goの文法もSQLの文法もわからないまま手探りで勧めていたが、ようやく公式ドキュメントを読めるようになってきた。

2/8の作業記録

  • AndroidのWifiManagerクラスを使ったWifiスキャンサンプルアプリの実装
  • 現在のAndroid SDKでは、固定IPを設定するAPIがないことを公式ドキュメントから確認
  • AndroidのSupportライブラリとAndroidXライブラリの調査。複数のOSバージョンに対応するアプリの書き方について調べた。

作業記録 ならし出社(10)

2/4, 2/5の作業内容

 メモリ4GBの古いPCではエミュレータを動かすと固まる。Grandleのビルドも異常におそい。来週、新しいPCのほうでやる。

  • 会社のチームの人とのミーティング

 まだ大した仕事もしていないのに進捗を報告すると、明るい反応をしてくれるので嬉しく感じる。改めて誰と働くかが大事だと思った。いまは私自身はやりたいことはないが、その人のちからになれればよい。

  • アクセシビリティの学会参加が決定(オンライン)
  • 元CA小澤さんのところのTechTrainというサービスで、GoでWebAPIをプログラムをつくりはじめた。

 

 

作業記録 ならし出社(9)

2/3の作業内容

  • 実験用のAndroid設定アプリの実装方法の調査

  複数のAndroid端末をアクセスポイントにつなぎ、固定IPを設定したい。また、アクセスポイントになるAndroid端末では、他の端末がネットワークにつながったことを確認できるとよい。現在の運用だと「システム」の「Wifi」を開いて手動でIP設定を変更している。

 2015年の記事のAndroid4系のころには、APIを叩いてStatic IPを設定できたらしい。現在できるかどうかは不明。

  • 2週目のならし出社レポートを作成
  • Unityのカスタマーサポートにライセンスのディアクティベートを英語で依頼

勉強

  • Go言語の勉強

 TechTrainさんのMISSONに入る前に、文法がわからなすぎるので基本を覚える。一日5時間やると宣言したので頑張る。

  • mikan 英単語アプリ 50単語 3日継続中

 先週、水木の忙しさと日曜さぼってしまったが、立ち直りつつある。

転職活動の進捗

  • S社最終面接で落ちた

 PMを求められていたが、私自身エンジニアとしてまだやりたい気持ちがあったのでミスマッチだった。

 2,3社の転職活動を振り返って、自分がソフトウェアエンジニアとしての市場価値がないこと、リサーチャーをするには研究実績が足りないこと、PM適性は感じてもらえることがわかった。

 PMに変わるタイミングは、30代のうちならいつでも間に合うかなと思っている。いまはエンジニアなどで手を動かしたい。将来から逆算で考えているわけでもない。

 そもそも、自分がどうなりたいか、自分が何をしたいか、特にない。

 負けるのは嫌いでイライラはするけれど、自分には何もできないと諦めてそのままでもいいかと思えるようになった。楽しいことも特にない。モチベーションがない制約でできる範囲のことをする。無力感を感じながら、しばらくはただ目の前のことをこなそうと思う。

明日以降の予定

  • 会社の人とのMTG

 AndroidWifi設定アプリの仕様について相談する。

タスクリスト

作業記録 ならし出社(8)

2/2の作業内容

  • 会社Windows PCの再セットアップ

 管理者権限を取り上げられるタイミングで、Windows Subsystem for Linuxを有効にして再起動したらOSが起動できなくなって死んだ。修復もクリーンアップもできなくなったのは初めて。BitLockerでハードディスクにロックがかかっているからか、ハードディスクへのアクセスをするたびにBitLockerの回復パスを求められた。結局、USBにインストーラーを入れて初期化した。

 定期的にバックアップをとったり、復元ポイントをつくっておこうと身にしみた。

  • 病院にいって薬をもらった。

けんすうさん作業ライブ感想&作業記録 ならし出社(7)

けんすうさんの作業ライブ感想

朝ごはんをたべながら、0000studioのけんすうさんの作業ライブをみた。

けんすう@作業配信を流行らせたい (@kensuu) | Twitter

0000.studio

このサービスすごく好き。ライブコーディングも好きだし、絵を描く様子やプラモデルを作る様子なんかをYoutubeでみるのが好きだった。

けんすうさんは「プロセスエコノミー」と呼んでいる。Youtubeにおいても、専業Youtuberだけでなく、仕事や趣味のプロセスや結果を動画に残していくタイプの副産物Youtuberが強くなっている。DIYとか古民家リフォームとかはそんな感じ。

文章による言語化、文章を読むことで情報を得るのが得意な人は少ない。だからYoutubeはどんどんスケールした。clubhouseのような音も、文章が苦手な層には刺さりやすいかもとけんすうさんは言っていた。

一方、Youtubeで多くの音声サービスの代替をできてしまうことも事実である。Clubhouseは音声サービスでありながら、ソーシャル性が強く、Twitterなど既存のSNS強者が有名人やほかの強者を巻き込むことで、今までにないスピードで流行したとけんすうさんは分析していた。

私のようなSNS弱者は、clubhouseをどう楽しめばいいか微妙である。フォローしているひとの話を聞いてみたいと聞くことができるのは良いのだが、自分自身が発信者になることに価値はないので、悪く言えば可処分時間を奪われるだけで面白くない。

今日のライブをみて、けんすうさんの発信力のトレーニング方法に関心された。

けんすうさんは、30分で3000~4000文字の記事を書ききるように心がけているらしい。かけない人は、時間をかけて上手く書こうとしている。

記事のテーマは、clubhouseから見る日本のサービスとの違いと、日本のサービスはどこで勝っていくかという話。作業風景を観察していた感じでは、けんすうさんはほぼ最初から最後まで上から下に書いていっていた、一度だけ最初のパラグラフを修正・追記していた。

書きながら数字がほしくなったときに、海外のVCと日本のVCの規模の差のファクトになる引用を探してきたりしていた。書きながら瞬時に構成を考えている感じはした。先に見出しを書いてから書いてもいなかった。パラグラフの分割もあとでわけるとかせず、書きながらきれいにわけていた。根拠になる論拠を三つくらい並べていたりと、頭の中で論理構成がなんとなくできていそうだった。

コメントできいたところ、結論を最初に決めているわけでもないといっていた。最終的に、日本のサービスがどうやって海外に立ちむかうかという問いに対して、日本の強みを示し、その強みをもった0000.studioのサービスにつながった。けんすうさんは毎日30分記事を書いているからできるのだろうが、瞬時にここまで構成をつくれるのはすごいと思った。

調子がよいときの私も、話しながら論理構成を整理して話を展開できていたこともあったので、要はトレーニングの部分も多いと感じた。

アル開発室にはいってみようか迷う。宗教感は弱いのでよいのだが、値段に対してコミュニティ感も弱い。自分も一緒にトレーニングをするという感じなら入る意味はあるかも。

2/1の作業内容

  • 朝からけんすうさんの記事を書く作業のライブをみた。

  • 新PCへのRAS導入、SMSTOOLの有効化、Teams、Slackのインストール

  • 仕事中にClubhouseの無音ルームにはいる

  • Android Studioセッティング、アプリビルド

明日の予定

  • Coursera

  • 通院

作業記録 ならし出社(6)

1/28,29の作業内容

  • 寝ていて人事の面接をすっとばしてしまった。月曜朝にリスケ

  • S社の最終面談。はまらなかったし、あまり楽しい話ができなかった。エンジニアとしての評価もない。

  • 出社してRASの申請

  • エージェントとの最終面接のラップアップ。

  • 本やデバイスを整理して一部を持ってかえる。三脚とモバイル三脚が行方不明。実験室にありそう。

  • C社の面談はカジュアル面談でおわった。あうポジションがないらしい。

転職とキャリアについて

  • 自分の成長の方向性を具体的に決めておかないといけない。

将来的にPMなどへという気持ちがあるが、漠然とだがまだエンジニアをしていたい。でも転職活動でわかるとおり、エンジニアとしてはWeb企業ではどこも評価されない。研究開発といってもHCI系の求人はほぼないし、リサーチャーをするには論文実績はない。

休日の過ごし方

  • 土曜、昼は3時間くらい彼女と電話した。ほとんどベッドの上で過ごしていた。

  • 日曜、一週間ぶりに洗濯をした。

  • 知人のつくっているクローラーgithubに招待してもらって再現

  • clubhouseを覗いてみて、UXを分析。

clubhouseは、Twitterなど既存のSNS強者の発言権がつよい。有名人もすでに幅をきかせている。Daigoさんとか。今までのSNS以上に、成長スピードが早い。2018年からコロナ以降くらいで、デジタルが主要なフィールドになったきた感がある。既にSNSで評価されている人が強そうだが、いずれ若者から新しい文化がでてきたりはするのかもしれない。

Youtuberのような絵で責めないタイプのクリエイターに向いている。Twitterで面白くてフォローをしている人の話ならきいてみようってなりやすい。ソーシャル性もあるとは思うが、私はTwittter上にリアルな友達がいないのでわからない。人の話にもそんなに興味がない。若者で、学校やクラスで繋がりがあったりするとその部屋にはいってみようとかなるかも。それかネットの友達(Twitterなどでつながっている)とのコンタクトが今まで以上に密になるかも。いままではInstaでDMとかがせいぜいで「話す」ことはなかったし。

  • Twitterを久しぶりにアクティブにした。SNS強者になってみたい。プロフィールを加工にもペルソナが描けない。自分が無理せず真似できるアカウントを探したい。Twitter運用の上手い人は何を考えているんだろう。自分のポジショニングを軸で整理できたりしそう。